美容院/美容室|モリオフロムロンドン|原宿本店/大宮/池袋/成増

PICK UP

MORIO DAIARY episode 40

 

 

ありがとう

 

皆さんは最近ありがとうと伝えていますか?

 

先日、電車で座っていると松葉杖をついた小学生の親子が立っていました。

 

私は、その男の子に席を譲りました。

 

男の子はとても安心したように私に「ありがとうございます」

と伝えてくれました。

 

それだけでも何だかほっこりした私。

 

ですが、男の子は電車を降りる直前、少し離れた所に

立っていた私の所へ再び来て「ありがとうございました」

と伝えてくれたのです。

 

私は、感謝の気持ちをストレートに伝えてくれた事に

とてつもなく感動してしまったのです。

 

自分の気持ちを伝えるのが苦手な日本人・・・

 

でも、相手がこんなに幸せな気持ちになるのなら

恥ずかしがってなんていられない!!

 

お客様に、スタッフに、家族に「ありがとう」を沢山伝えたい。

 

「ありがとう」伝えたくなりましたか?

 

ペンネーム 0506

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.08.21

紫外線とヘアカラー

 

紫外線によるヘアカラーの退色・・・

 

この問題はコートが必要になる季節までは特に気になりますね。

 

 

実はヘアカラーに、

 

紫外線に【強い色】【弱い色】があるのはご存知でしょうか??

 

 

 ●最も退色しやすいのは「赤」系の色

 

 

●最も退色しにくいのは「黒や青」系の色

 

 

なのです。

 

 

 簡単に説明しますと

 

〇紫外線の特徴として〇

 

・波長が短く、その名の通り「紫」の色をしている。

・吸収すると、色素が大気中の酸素と反応し、酸化され色褪せる。

 

〇「赤」の特徴として〇

 

・「青」の光を吸収し、「赤」の光を反射しているから「赤」く見える。

 

 

これらを踏まえると

 

【赤は紫外線を吸収しやすい➡それだけ色が酸化➡色褪せてしまう】

 

ということが起きているんですよね。

 

 

なので、太陽の下でよく活動される方は

 

レッド」「ピンク」「オレンジ」等の暖色系よりも

 

アッシュ」「マット」「ラベンダー」等の寒色系を選ぶと良いと思います☆

 

 

その季節ををより楽しめるように、

そういった所からヘアデザインの提案をさせて頂きます^^♪

 

 

【成増3号店☆芹澤秀行】

 

 

2016.08.17

目のUV対策も忘れずに!

日差しの強いこの季節、本格的に紫外線対策を始めた方も多いはず
では、目の日焼け対策はしていますか?


実は日焼けをするのは肌表面だけではないのです。日焼けの意外な盲点は
目が日焼けすると、肌も日焼けしやすくなることを知っていますか?



目の角膜が紫外線を吸収すると、脳に「メラニン色素を作りなさい」という指令を出すため、お肌のUV対策をしていても目が無防備のままだと効果は半減してしまいます。
紫外線は角膜に細かな炎症を起こし、紫外線から身を守るため全身の皮膚にメラニン色素を作らせるようになっています。それがシミ発生の原因に繋がります。
また、紫外線を過剰に受けすぎると、水晶体などの組織にダメージを受け、白内障の原因になることも。

目の日焼けから守る一番のアイテムはサングラス。

サングラスを選ぶポイントは、

1.UV
カット効果のあるもの
・紫外線透過率(紫外線をどのくらい通すか)、可視光線透過率(視界の暗さ)のバランスを考えながら表示のチェックすることが大切。

2.
顔にフィットしているもの
・顔の輪郭で決める
基本的に理想なフレームは、サングラス上辺のラインが眉毛のラインに沿い、眉毛が少しのぞくくらいが収まりがよく、ベストなバランスと言われています。

ちなみに日傘同様、UVカット効果は約23年程で寿命が多いので、昔買ったサングラスを使用する際は注意が必要。


紫外線を浴びた時のケアは
・目を十分に冷やす
・痛みや充血などがある場合は、炎症を抑える目薬を差す
・睡眠時間をたっぷりとり、目を休めることが大切です
・食事では、目にいいビタミンAやビタミンC、ビタミンEなど栄養素を摂る
(ピーマン、カボチャ、柑橘系のフルーツ、ナッツ類)

今年は、史上最も暑い年になると言われています。
紫外線に注意を払うことが、数年後のシワ、シミ、たるみの対策になります。


目もお肌と同じ裸の状態。
見過ごしがちな目の紫外線対策を!

 

 

  【池袋店☆長谷川亜紀】

2016.08.11

目のUV対策も忘れずに!

日差しの強いこの季節、本格的に紫外線対策をしている方も多いと思いますが、

目の日焼け対策はしていますか??

実は日焼けをするのは肌表面だけではないのです。日焼けの意外な盲点は・・

目が日焼けすると、肌も日焼けしやすくなるんです!!

 

目の角膜が紫外線を吸収すると、脳に「メラニンの色素を作りなさい」という指令を出すため、

お肌のUV対策をしていても、目が無防備のままだと効果は半減してしまいます。

紫外線は細かな炎症を起こし、紫外線から身を守るため全身の皮膚にメラニン色素を作らせるように

なっています。それがシミの原因に繋がります。

また、紫外線を過剰に受けすぎると、水晶体などの組織にダメージを受け、白内障の原因になることも。

 

目の日焼けから守る一番のアイテムは・・・サングラス。

サングラス選ぶポイントは・・?

 

1,UVカット効果のあるもの

・紫外線透過率(紫外線をどのくらい通すか)、可視光線透過率(視界の暗さ)

のバランスを考えながらの表示をチェックすることが大切。

 

2,顔にフィットしているもの

・顔の輪郭で決める

基本的に理想のフレームは、サングラス上辺のラインが眉毛のラインに沿い、眉毛が少し覗くくらいが収まりがよく、

ベストなバランスと言われています。

 

ちなみに・・日傘同様、UVカットの効果は約2~3年程の寿命が多いので、昔買ったサングラスを使用する際は

注意必要。

 

紫外線を浴びた後のケアは・・

・目を十分に冷やす

・痛みや充血がある場合は、炎症を抑える目薬をさす

・睡眠時間をたっぷりと取り、目を休める

・食事では目に良い、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどの栄養素を摂る。

(ピーマン、かぼちゃ、柑橘系のフルーツ、ナッツ類等)

 

今年は史上最も暑い夏になると言われています。

紫外線に注意を払う事が、数年後のシワ、シミ、たるみの対策になります。

 

目もお肌と同じ裸の状態。

見過ごしがちな目の紫外線対策をしましょう!!

 

【池袋店☆長谷川亜紀】

 

 

2016.08.11

そのままにしないで!海でのダメージ

夏といえば海!!!!

 

皆さんは行くご予定はありますか??

 

 

楽しい夏を満喫中ではあると思いますが

気になるのが・・・・髪のダメージ!!!

 

毛髪はケラチンというタンパク質でできています。

ケラチンはアルカリ性に弱く、弱アルカリ性の海水が付いたままだとケラチンが溶け出してしまいます。

 

海水に含まれる塩化マグネシウム、硫酸カルシウムは毛髪をギシギシと固くし、艶を失わせてしまいます。

 

さらに海水の塩分の浸透圧の影響で、毛髪の内部の水分は外へどんどん出されていきます。

そのため髪はカラカラに乾燥し、切れ毛や枝毛などのダメージの原因となってしまいます。

 

 

そのままの髪を放置していますと、夏は汗などの湿気を帯びているのでさほど気になりませんが、

秋になるにつれて気温は下がり、乾燥しだすのでダメージが顕著に出てきてしまいます。

秋から冬にかけて艶めく美髪でいられるように

・髪にやさしいアミノ酸系のシャンプーにかえる

・オイルや洗い流さないトリートメント剤をしっかりつける

・美容室での集中ケア

 

など今からしっかりとヘアケアをしていきましょう!!

 

  【野田店☆丸山 美帆】

2016.08.04

< 戻る 567891011121314 次へ >