美容院/美容室|モリオフロムロンドン|原宿本店/大宮/池袋/成増

PICK UP

夏バテに効く飲み物

 

夏といえば!花火!BBQ!!海!!

楽しいイベントばかりですね(^^)

しかし、そんな中やってくるのが夏バテです・・・

「だるい」「眠気がある」「吐き気がする」などなど・・・

夏を元気いっぱいに過ごすための対策を今のうちから始めましょう!!!

そこで・・・!私からは夏バテに効く手作りドリンクをお伝えします

材料 

 ・レモン2個

 ・氷砂糖250g

 ・酢  200ml

作り方

1.レモンに塩をまぶして揉んでおく(ワックスを落とす為です)

2.0.5cmの輪切りにする

3.レモンと氷砂糖を瓶に入れ、お酢を入れる

4.氷砂糖が溶けたら出来上がり(1~2日くらい)

飲むときは、水か炭酸水で5倍で薄めて飲みます

レモンに含まれるクエン酸が夏バテの原因=疲労物質である「乳酸」を分解してくれる効果があり、

疲労物質を体外に排出してくれます。また酢には食欲増進や疲労回復効果もあるのです。

皆様是非試してみてください☺

 

【イオンモール大牟田店 守屋真奈美】

 

2017.07.06

寝ている間に美容効果アップ

 成長ホルモンの分泌が

寝ながらにして、美容をかなえてくれる♪

 

 

『成長ホルモン』と『睡眠』の関係性については、よくご存知と思いますが、

この時期は、睡眠バランスが崩れやすく、体調を崩されることも多いかと思います。

 

成長ホルモンの分泌量は睡眠の善し悪しに左右されるため、

十分な睡眠時間をとっていたとしても、深い眠りの時間が短いと、

成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまいます。

 

成長ホルモンが多く分泌されるのは、

眠りについてから最初の3時間と言われており、

その最初の3時間にどれだけぐっすり眠れるかが、ポイントになります。

ただし、何時に寝ても、同じだけ分泌されるわけでは無く、

※個人差はありますが、深夜3時から5時を境に、

それ以降、深い眠りにつきにくくなります。

 

毎朝、太陽の光を浴びて、体を動かすことにより

体内時計がリセットされる事が、夜の眠りを作り、

この繰り返しで、常によい眠りを保つことが出来ます。

 

ですが、この時期は、眠る時の適温にも注意が必要です。

室温は、夏は25~27度、冬は18~20度が理想的で、

適温は、ふとんの中で33度、

暑くもなく、寒くもなく心地よい温度です。

 

なぜ、この温度かと言うと、

睡眠は、体温を下げて脳を冷やすことで疲労回復をします。

人は活動している時に体温が上がり、休息している時には、体温が下がります。

逆に言えば、体温が下がると眠くなるという事です。

ですから、適温より高いと、体は汗をかき効率よく体温を下げる事が出来なくなり、

寝つきが悪くなるのです。だからこそ、ふとんの中を体が放熱するのに

適した温度に保つことが大切なのです。

 

よい眠りを保つために、寝室の環境を見直してみてはいかがでしょうか?

寝ているだけで美容効果がアップしますよ♡

 

 

 

2017.06.29

頭皮のSOS

 

梅雨に入りジメジメした季節に突入致しましたが、もう夏は目の前です!

皆様本腰を入れて頭皮・髪のケアを行いましょう。

 

 

さて今回は頭皮の浮腫みについて

豆知識をご紹介致します。

 

 

まず皆様、セルフチェックをしてみましょう!

頭皮を触って動かしてみて下さい。

 

 

実は頭皮の理想とされる硬さは、

テーブルにタオルを1枚載せてその上から指で

押したくらいの硬さです。

 

 

それよりも柔らかく、鮮魚コーナーのお魚の様に

ブヨっとした感覚があれば、頭皮が浮腫んでいるサインです。

 

 

そして、それよりも硬く動かなければ

頭皮が凝り固まっているサインです。

 

 

頭が凝るというのはご存知の方も多いと思いますが、

実はこの様に頭皮は浮腫むこともあるのです。

 

 

浮腫み=手・足 とイメージされると思いますが、

頭も同じように体の末端にあり、

その中でも一番上に位置しますので、

血流が悪く最も浮腫みが取れにくい箇所なのです。

 

 

頭皮が硬い方・柔らかい方は

お風呂の時に頭皮をマッサージをして下さい。

そして、定期的にヘッドスパでケアして下さい。

そうすると綺麗な頭皮になり、健康な髪の毛が生えてきますよ☆

 

 

【 りんくう店 高末理加 】

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.22

北海道にも梅雨がある。

 

 

北海道にも梅雨があるのをご存知ですか??

 

北海道の梅雨は蝦夷梅雨と言って

 

北海道の旧名、蝦夷地から来ています。

 

 

 

6月中旬~7月上旬に本州のような梅雨前線ではなくオホーツク海付近で発生する高気圧によって、冷たく湿った風が吹き込むことによって起こると言われています。

 

ただ、本州の降水量の半分以下ですし、毎年必ず訪れるものではなく、年によって蝦夷梅雨があるとき、ないときがあるようです。

 

今年は、蝦夷梅雨が来ていますが、

 

髪の毛が広がりまとまらなかったり、

くせやうねりが出たり、

ぴょんぴょん飛び出してきたり。。。

 

 

まとまらない原因のひとつに、

 

髪のダメージや水分バランスがあります。

健康的な人の髪はキューティクルも整って水分量が均等に含まされているので、髪にもツヤが生まれ、うねりや広がりなどはほとんど起こりません。

ですが、なんらかの原因でダメージを受けて髪が傷むと、損傷部、つまり髪の表面のキューティクルがその剥がれた隙間から湿気などの水分が入り込み部分的に水分量の増えたところの髪が膨張し、水分が不均等な髪はうねりを起こしてしまうのです。

 

水分はあるのになぜかパサパサして見えてしまうのも、髪の水分量がバラバラできれいに光が反射できないからです。

さらに、キューティクルが剥がれている場所は髪の毛1本1本で違うので、それぞれ異なる場所が膨張し、うねり方も違ってきます。

そのため髪全体が広がり、まとまらない状態になってしまうのです。

そうならないよう湿気対策に一番効果があるのは、髪のトリートメント。
損傷したキューティクルやダメージを受けた部分を素早く補修することが最善の対策です★

 

 

【サッポロファクトリー店☆金澤理紗】

2017.06.15

髪にも夏バテがある?

 

                                                   梅雨到来で、気がつけばあっという間に夏本番ですね!!

 

そんな時怖いのは、夏バテです。。。

 

 

 

皆様知っていますか?

夏バテって髪にもあるんですよ。

夏バテになると、食欲がなくなってしまうことがよくありますよね。

これは自律神経の失調によって引き起こされます。

この食欲不振が髪にも影響を与えてしまうのです。

髪の毛に必要な栄養素は毛細血管を通って運ばれます。

体が栄養不足になると髪にも栄養が運ばれなくなり、抜け毛の原因になったりします。

その他にも冷たい飲み物は体をひやし、代謝低下と血行不良をもたらします。

血液の流れが悪くなり体の毒素を排出できなくなると、老廃物がたまり薄毛の原因になります。

こうして考えると夏バテのダメージは髪に大きいですよね?

そんな夏の髪トラブルにも対応できる食べ物をご紹介します!!

 

①レバニラ炒め・・・レバーには銅や亜鉛という髪に不可欠な栄養素が含まれていてここに、ニラが

入ることで疲労回復に有効なビタミンB1も摂取することができます☆

②ゴーヤチャンプル・・・ゴーヤには髪の毛の健康を保てるビタミン・ミネラルが豊富に含まれていま

す。さらに豚肉と豆腐はタンパク質を摂取できて髪に栄養を補い、

豚肉のビタミンB1de疲労回復してくれます☆

 

体も髪も夏の暑さに負けない健康作りを心がけましょう!!

 

 

【鶴瀬☆一戸智佳子】

 

2017.06.08

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10 次へ >