美容院/美容室|モリオフロムロンドン|原宿本店/大宮/池袋/成増

PICK UP

春のヘアケア

寒い時期から暖かくなり過ごしやすい春ですが、春風の影響で花粉やホコリが舞い髪や頭皮にとっては

トラブルが起こりやすく注意が必要な時期になります。

そんなトラブルの解決方法をお伝え致します!!

38℃~40℃のシャワーのお湯で予洗いすると90%は落とせるそうです。

1~2分間頭皮マッサージしながら洗う事で血行促進にもなり、より効果的です。

そして紫外線を多く浴びる時期でもあります。

髪の毛は枝毛や切れ毛になり、髪の毛をつくるもととなる毛母細胞の働きが弱くなり白髪や薄毛の

原因になるともいわれています。

帽子や日傘での対策の他になんと・・・

食べ物によって紫外線に負けない体づくりができるのです!!!

それは・・・春の食べ物!!

フキノトウ・セリ・ヨモギなどの山菜です。

紫外線に負けない抗酸化作用の他、美容効果や免疫力を高めてくれるそうです。

春は旬な食べ物を食べ、紫外線から髪を守り、清々しい春を楽しみましょう!!!

 

 

福津店 江口亜沙美

 

2017.03.09

正しい髪の乾かし方で艶髪Get!

 

 

皆様、どの様に髪の毛を乾かしていますか?

「傷むのが嫌だから! めんどくさいから! だから乾かさない!!」

って方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、乾かす事の大切さ・正しい乾かし方お伝えしたいと思います。

 

 

よく美容師さんに「髪の毛を乾かして寝て下さい」なんて言われませんか?

実は、自然乾燥によるデメリットが沢山あります。

①生乾きにより頭皮に雑菌が繁殖しやすい ②髪の毛がパサつく      

③血行不良により髪の毛の痩せ ④そのまま寝ると修復不可能なダメージ

恐ろしいですよね? 髪の毛は絶対に乾かしましょう!!

 

 

― 乾かし方 ー

タオルドライをしっかり行う

アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)で保護

前髪・全体の毛先・毛先の順番でドライ

 

※ ヘアスタイルでは最も前髪が大切ですので、クセがつかない様に最初に乾かしましょう!

※ 毛先がパサパサにならない為に毛先より先に根本の水分をしっかり飛ばしましょう!

 

 

― ロングの方・ボブの方必見 ―

大切なのは 下を向いて乾かす事 

そうすればハネにくく、綺麗に毛先が内にはいります★

 

― ストレートに乾かしたい方必見 ―

大切なのは、上から風を当てる事・軽く引っ張りながら当てる事!

 

 

いつもの乾かし方に一工夫するだけで、ツヤツヤヘアーに大変身★

皆様、ぜひ試してみて下さいませ。

 

【りんくう泉南店 高末理加】

 

 

 

 

 

2017.02.17

体温を上げて健康な体に!冬太りも防いで春への準備!

春はもうすぐそこ!

ですがまだまだ寒さも続きます!

 

冷え性の方にとってはかなりつらい季節。。

体温を少しでも上げる工夫をしていますでしょうか?

体温が上がると血流が良くなり、お肌の乾燥やむくみが改善したり、基礎代謝が上がって消費カロリーが増え、痩せやすく太りにくい体になるといわれています。

 

また、体温が上がると免疫力もアップしますから、風邪やインフルエンザ等の感染症が多いこの時期を暖かく過ごすことはとても重要です!

 

 

そこで冷え性を改善する身近な食品が、、、お味噌汁!!

大豆には、熱を作る栄養素であるビタミンB1やたんぱく質含まれているので、冷え性の方の朝食としてオススメなのがお味噌汁です!

お味噌汁にしょうがを加えるとより効果が上がります!

朝のお味噌汁で一日暖かく過ごしましょう!

 特に土の中に眠る野菜根菜は身体を温めます!

 

 

 

冷え性対策には大きな筋肉を動かして熱を発生させる!

身体の熱をつくり出すのは、脂肪でなく筋肉!

男性に冷え性が少ないのは、筋肉が多いからなんだそうです!

身体をすぐに温めるには、

大きな筋肉のあるおなかや太ももを動かすのが効果的!

自宅で手軽にできるのが腹筋運動やスクワット!

そして、冷え性対策に効果のある運動が縄跳び!!

ジャンプする動きは太ももの筋肉を使うので体を温めるのに効果的!1分で身体ぽかぽかです!

 

 

 

 あたたかい飲み物が体を温めるとは限らない!

寒いときには温かいコーヒーが飲みたくなりますが、コーヒーの原料となるコーヒー豆は温かい国で育ったものなので身体を冷やす作用が強いのです!!!

本当に寒いときには発酵したお茶(茶葉の茶色いもの) 紅茶、プーアール茶、ウーロン茶、ほうじ茶

や、地中で育ったものを使ったお茶 タンポポ茶、ゴボウ茶などが効果的☆

逆に不発酵茶といわれる緑茶、抹茶などは身体を冷やします。

ココアやしょうが湯なども効果的です!

 

体温を少しでも上げて健康な毎日を送り、春に備えましょう☆

 

 【サッポロファクトリー店☆五十嵐文】

2017.02.12

髪の乾燥を防ぐ食べ物って?

 

寒い季節となりました・・・そう冬です!!

 

この季節、ヘアケアとして一番気になるのは乾燥ですよね!

 

寒い冬は空気が冷たく、乾燥しています。その乾燥した空気に頭皮と髪の毛が触れると頭皮と髪の毛の内部から水分が奪われ蒸発してしまいます。

すると、髪のごわつき、パサつき、静電気、枝毛を引き起こす原因になってしまうんです・・・

 

本日は、そんな乾燥対策として体の内側からケアするための食べ物をご紹介!!

 

  ◎タンパク質をとろう!!

髪の毛はタンパク質からできています。

髪の毛を美しく保つためには食事からタンパク質をとることが大切です。ただとるのではなくよりヘルシーなタンパク質を選びましょう!!

 

1.豆類・・・・納豆、豆腐

豆類は植物性のたんぱく質であり、鉄分、亜鉛など、髪の健康に欠かせない栄養素がたっぷり。

 

2.魚、特に青魚!・・・イワシ、サバ、サンマ

青み魚にはオメガ3系脂肪酸という体内で作ることができない「必須脂肪酸」の一つが含まれています。細胞の回復や再生を促したり、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

 

 

3.ビタミンを多く含んだ食べ物達

ビタミン類は美肌効果もあるのは皆様もご存じかと思いますが、髪にもとても効果を発揮してくれます。

ここからはビタミン別で紹介します。

 

ビタミンA・・・・レバー、緑黄色野菜、卵黄

      頭皮の新陳代謝を促し、健康に保ちます

ビタミンB・・・・あらゆる動物性、植物性の食品にふくまれます

      タンパク質を髪にするために必要。頭皮の健康維持、血行促進にも効果あり。

ビタミンC・・・・キウイフルーツ、イチゴ、パプリカ、パセリ

      髪を太く強くするコラーゲンの生成。ストレスを抑えてくれたりもします。

ビタミンE・・・・アーモンド、クルミ、ナッツ類、いくら、ウナギ、アボカド

 

      毛細血管をひろげ髪への栄養運搬をスムーズにしてくれます。

 

 

たくさんの食べ物を紹介させていただきましたが、それだけを食べるのではなくバランスよく髪に良い食べ物を摂取することが大切ですので、

皆様も体の内側から乾燥ケアしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

2017.02.01

冬の落とし穴

夏と冬、汗のイメージが強いのはどちらでしょう?

もちろん、「」ですよね。

 

では、臭いが強いのはどちらでしょう??

実は、「」なんですね。

 

夏は汗をかきますが、薄着で通気性が良いことが多いので

汗の臭いは弱いんです。

 

冬は夏よりも服を着こむため、汗をかいたときに臭いがそのままこもり、

雑菌が繁殖するので臭いが強くなりやすいんです!

 

なのでこの時期に必要な対策として

「こまめに汗を拭く」ことと「こまめに汗をかく」

ことをすると良いそうです。

 

「こまめに汗をかく」というのは、毎日汗をかくことで汗腺を鍛えることができます。

そうするとサラサラの汗をかきやすくなり、臭いが気になりにくくなります。

 

冬は寒いですが、だからこそ、運動して体の機能を高めることが大事なんですね。

 

「今日は寒いから、家でゴロゴロしよう・・・」という日を、

「今日は寒いからこそ、ランニングして体を温めよう!」

 

に変えてみると良いかもしれません☆

 

髪も似たようなことが言えます。

 

髪の量が多い人と少ない人では、汗のこもり方に違いがあります。

 

量が多い方は、汗がこもって臭いやすくなりますので

美容室に行く際には必ずヘッドスパをすると、1年を通して清潔な状態で

過ごせるのでとってもオススメです!

 

イルミネーションも綺麗で、好きな人とデートの多いこの季節。

 

お洒落な服を着て出かけたのに、近寄ったら「うっっ・・・」

なんてことにならないように気を付けましょうね。(笑)

 

【成増3号店☆芹澤秀行】

2017.01.12

< 戻る 12345678910 次へ >