美容院/美容室|モリオフロムロンドン|原宿本店/大宮/池袋/成増

PICK UP

MORIO DAIARY episode 25

 

感謝の心

 

 

 

先日、スタッフとご飯に行った時の話です。

 

練習等も終え遅い時間でしたが、お店の方も快く対応して頂きました。

 

早速注文し食べていたのですが、量が多い!!

 

スタッフの一人がギブアップ寸前でした。皆でつつき合って食べようとしたのですが、

 

そのスタッフは苦しい顔をしながらも残さず食べ切りました。

 

「良く食べ切ったね!」と言っていたら、

 

「遅くまでせっかく作って頂いたので・・・」と一言。

 

 

 

私は、気持ちが温かくなりました。なんてきれいな心だろうと思いました。

 

相手を思って行動するというのは色々なところで出てきます。

 

小さなことかもしれませんが、どんな人に対してもこのような気持ちをもって

 

行動できるって素晴らしいと思います。

 

 

 

スタッフとの何気ないご飯でしたが、普段の自分を見直すきっかけになった時間でした。

 

 

                            (ペンネーム ♡♡♡)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.08.05

MORIO DAIARY episode 23

ばあちゃんの言葉

 

「すすむ、ひとのもんをとったらあかんで、とったらもっとだいぢなもん無くすで」

「すすむ、まぢめにしごとせなあかんで、でもしんどいときはやすむゆうきをもたなあかんで」

「すすむ、欲ぶかくなったらあかんで、ひとはてぶらで生まれててぶらでしぬんやで」

「すすむ、おかあちゃんをたいせつにせなあかんで。」

明治生まれで教育も受けず、読み書きもままならなかったばあちゃん。

九十五歳の最後の言葉でした。

 

(原宿本店店長 松原 進)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.06.05

MORIO DAIARY episode 21

“共育”

 

我が家の育児方針は「共育」をテーマに日々奮闘しております。親が子供を育てるのではなく、子供と共に親も育つということです。現在3歳と0歳の2人の娘がおりますが、上の娘には「お姉さんだから~」ではなく、「3歳だから~」という言葉をつかうように心掛けています。お姉さんという逃げ場のないポジションで責任を担わせるのではなく、年長者としてのポジションで責任を担ってほしいという願いからです。3歳なのでどれぐらい伝わっているかは分かりませんが…姉と妹の関係性は同じかもしれませんが、視点や言葉を変えるだけで気持ちの持ち方が少し変わるのではないでしょうか?サロンでも、現状を変えることは難しいことかもしれませんが、視点や言葉を変えてみると、意外と実力を発揮できることもあるかもしれませんね・・・

 

(ペンネーム K+

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.04.15

MORIO DAIARY episode 19

誠心誠意

 

お客様とは7年位のお付き合い。いつも自分の体調、食事などをやさしく母のように心配してくださいました。ある日そのお客様の体調が悪く入院されたと人伝えに聞く。数日後、入院中のはずのお客様がご来店。病院を抜け出していらっしゃったとのこと。「あまり無理しないでください。」との問いかけにもにっこり笑顔。その元気な姿に騙されていました。2ヶ月後、お客様の娘さんが母からの言伝でとの事でお手紙を持参頂きました。「いままでお世話になりました。最後まで美しい私でいられました。ありがとう。これからも体に気をつけて頑張ってね。」全てが理解できました。号泣です。お世話になったのは僕のほうだよ・・・僕はその方にもっと出来た事はなかったのだろうか?お役に立てたのだろうか?そのお客様の為に精一杯してあげられたのだろうか?だからこそ今は後悔しない毎日を・・・全てのお客様に一生懸命に・・・

 

(ペンネーム 黒うさぎ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.03.19

MORIO DAIARY episode 18

 

新入社員の皆様へ・・・勇気を持って提言しよう!

 

 

 

新入社員は、最初指導を受けつつ仕事を覚えます。ですから、先輩の教えを素直に聞き、分からない事は質問する等して一日も早く仕事を覚え上達する。そのようにして一人前の美容師に成長していかなければなりません。しかし、新入社員だからと言ってただ一方的に教わるだけでいいかというとそれではいけないと思うのです。新入社員でも仕事の中で気づいた事を提言していくようにしなくてはいけないと思います。MORIOを良くしていこうという思いに立つ限り本質的には先輩後輩であっても平等であるべきです。先輩は経験という先入観にとらわれて現状を当然と考え改善すべき点に気付かないという事があります。だから新人の皆様には「ここはこうしたらどうですか」と新鮮な目でどんどん提言して欲しいと思います。ただし、提言の仕方は先輩に対する礼儀をお忘れなく。

 

 

 

(副社長 坂口 営)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.03.11

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10 次へ >