美容院/美容室|モリオフロムロンドン|原宿本店/大宮/池袋/成増

PICK UP

MORIO DAIARY episode 8

 

余命あるお客様を担当させていただいて ①

 

 

 

先日、娘さんに付き添われて80歳くらいのおばあさんが車椅子でご来店されました。メニューはカラーカット。入院するので、髪を短くして染めてほしいとだけオーダーされました。私はいつも通りのブラシワークでカウンセリングをしながら、「素敵にしますね!」と言って、車椅子のままカットを始め、すっきりしてきたので、「ほら、ずいぶんすっきりしてカッコよくなりましたよ!」とお声がけすると・・・お客様の表情が明るくなり「ほんとカッコ良くなってるわ!こんな風にしたかったの!でもどう伝えたらいいかわからなかったのよ。主人には入院するからといってあまり短すぎる髪にはしないでほしいと言われたけれど、美容師さんに短くとオーダーすれば、男の人みたいに短くされると思ってあきらめていたの、素人が変に言っても伝わらないし、伝え方もわからない。いくら入院すると言っても髪型ぐらいは綺麗でいたいと思うのよ。女性はいくつになってもね」・・・

 

 

 

(ペンネーム ラッキー8)

 

 

 

 

 

 

 

2014.08.15

MORIO DAIARY episode 7

ステージ

 

 

 

美容師にとってサロンはステージです。私達、美容師は、男性はアクター、女性はアクトレスと言い換えることができます。ステージの上では、みんな理想の美容師としての自分を演じます。体調が悪いとか、恥ずかしいとか、自分のキャラじゃないとかそんな事は誰も言いません。みんな自分の与えられた役を与えられた期待以上に演じようと日々の稽古で汗を流します。だからこそ、本番で輝けるのです。日々の努力は裏切らない。たとえ、本番でどんなアクシデントが起きても、日々の稽古の積み重ねがあるからこそ、アドリブで観客を魅了できます。なぜなら、お客様の笑顔こそが最高の喜びだからです。さて、貴方は本物のアクター、アクトレスですか?お客様のために自分の殻を破れますか?

 

 

 

(ペンネーム オペラ座の貴公子)

 

 

 

 

 

 

2014.08.01

MORIO DAIARY episode 6

本日開店!!! 

 

 

・新しいお店で新しい出会いに期待しています。ステキなスタイルを一緒に提案します。

・新しい空間の中で楽しいひとときを過ごしましょう。

・あなたの夢と欲張り叶えます。

・この度、当店もお客様とスタッフの心が1つになってこの様に大きくさせて頂きました。

 今まで以上にゆとりと空間のあるサロンに仕上がりました。皆で一生懸命頑張りますのでこれからも宜しくお願い申し上げます。

これは大宮1号店が12年前にリニューアルオープンした際にご来店頂いた全てのお客様にお渡ししたメッセージの一部です。私達が入社する前から、MORIOを支えてくださっていた先輩の想いを引き継ぎ、そして、末永くMORIOを愛してくださるお客様への感謝の想いです。今、皆様はどのような気持ちでサロンに立ち、どのような気持ちでお客様やスタッフと向き合っておりますか?

 

(ペンネーム NY

 

2014.07.27

MORIO DAIARY episode5

黒ノート 

 

今年も元気な新人が入社してまいりました。毎年新人は入社式にMORIOルールに従い、真新しい黒ノートを持参いたします。近年、そのノートの最後の1ページには御両親との写真と夢に向かって羽ばたく我が子に向けたメッセージが綴られています。とても素敵ですね。残念ながら私の時代にはまだそのルールがありませんでした・・・私も人生の宝として一冊欲しいのですが、恥ずかしくて今からはお願いできません。社会人になり私もこれまでいろいろな壁がありました。情けない話ですが正直、夢を失いそうになった時期も・・・。もしあなたがこれからの美容人生、同じように壁にぶつかり道に迷ったときは、その1ページを開いてみてください。きっとそこから何か見えてくることでしょう。がんばれ!!

 

2014.07.23

MORIO DAIARY episode4

巻くこと?外すこと?

 私が、1年目の秋、いよいよワインディングの練習に
入ることになり、自分の技術を磨けることを楽しみにし
ておりました。
 先輩に、技術を見せていただき、的確に理論を教えて
いただきました。もう、巻きたくて巻きたくて、その場で、
同期全員で一回巻かせていただきました。
 ところが、ロットをアウトする時に、先輩よりご指摘
を受けました。
「ワインディングは巻くことも重要だが、アウトする時
も、どういうウェーブになっているか感じるこころを持
ち、アウトすることも大切だ。イメージ通りに流れてい
るかな?毛先は自然に巻きこめていたかな?というイメー
ジをもちながら、アウトをしなくて上手くなると思うの
か~?」
 ハッと気付かされました。
 私は、お客様に喜んでいただくための技術を磨くために練
習しているのに、構成を考え巻くことに集中しすぎて、結果を
見ず、次を巻くため、急いで外そうとしていました。
 それ以降は、サロンワークでもむしろアウトすること
に喜びや充実感を持つようになりました。そして、ワイ
ンディングがより楽しいものになっていきました。
 積極的にどんどん技術に入っていく姿勢と、自分がア
ウトしたいから、時間管理と組み立てを繊細に計画し、実
行するスキルを身につけられたと思います。そして、何
よりも技術向上のスピードが上がりました。
 今は、伝える側になり多くの後輩に、皆様から教えて
いただいた考え方を伝えております。
 当時の坂口マネージャーはじめ、大宮ジュニアサロン
の諸先輩に感謝しております。

(ペンネーム n.)

2014.05.29

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10 次へ >