美容院/美容室|モリオフロムロンドン|原宿本店/大宮/池袋/成増

PICK UP

MORIO DAIARY episode 18

 

新入社員の皆様へ・・・勇気を持って提言しよう!

 

 

 

新入社員は、最初指導を受けつつ仕事を覚えます。ですから、先輩の教えを素直に聞き、分からない事は質問する等して一日も早く仕事を覚え上達する。そのようにして一人前の美容師に成長していかなければなりません。しかし、新入社員だからと言ってただ一方的に教わるだけでいいかというとそれではいけないと思うのです。新入社員でも仕事の中で気づいた事を提言していくようにしなくてはいけないと思います。MORIOを良くしていこうという思いに立つ限り本質的には先輩後輩であっても平等であるべきです。先輩は経験という先入観にとらわれて現状を当然と考え改善すべき点に気付かないという事があります。だから新人の皆様には「ここはこうしたらどうですか」と新鮮な目でどんどん提言して欲しいと思います。ただし、提言の仕方は先輩に対する礼儀をお忘れなく。

 

 

 

(副社長 坂口 営)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.03.11

MORIO DAIARY episode 17

大きな事より小さな事の積み重ねが好きです

 

大きなことを望み始めるとけっこう切りがないですよね(夢・野心など・・・)なぜなら進めば進むほど上には上がいることが分かってくる…だからといって犯罪に手を染めて、全く逆方向の大悪事に走っていく人もいます。大きなことをして多くの人に認められるっていうのは、これだけ才能ある人間が多くいる世の中においては意外に難しい事かもしれないのです。大きなことをするのではなく自分らしい生き方をする・・・たとえ 「小さなこと」でも、積み重ねていけば結構楽しく生きていけると思います。大きなことをしたいのか?自分にしか出来ないことをしたいのか?とても大切な選択と思いますが、前者を目指せば、道を外れる可能性もあるが、後者を目指せば、いい意味で前者よりも結果を出せる可能性もあると思いませんか

 

(ペンネーム 野うさぎ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.02.05

MORIO DAIARY episode 16

 

もっと髪の話をしよう

 

 

 

美容室は、髪という素材を通して、美容師とお客様が一緒にヘアスタイルをつくる空間。髪の状態も、求めるヘアスタイルも、ライフスタイルも、みんな違います。MORIOでは十人十色のお客様に「その人にあった、その人のことを考えた施術」をしています。そのことをもっと、話せたらうれしい。そのことをもっと、お客様にわかってもらえたらうれしい。髪という素材の大切さに気付き、髪という素材のしくみがわからないと、ベストな施術や、お客様への的確なアドバイスもできないと思います。だからもっと、髪について知りたい・勉強したい・研究したい。そして、お客様に話したいもっと髪のことを・・・

 

 

 

(ペンネーム みんな髪ingにおいでよ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.01.10

MORIO DAIARY episode 15

素敵なお花屋さん

 

先日、お祝いのお花をサロンで注文していた時のことです。数日後、「○○花屋です。もし良かったら飾ってください!!」と笑顔を添えて、ミニダリアを頂きました。集金と共にお花のプレゼントです。いつも集金の時は、「飾ってください!」と季節のお花をさりげなく置いていってくれます。そういえば、以前は植物だらけだったサロン・・・最近はほとんど置いてない事に気付かされました。それ以来サロンにお花を飾るようになりました。お花屋さんの心遣いで、サロンも心も少し華やかになりました。

 

(ペンネーム 白うさぎ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.01.06

MORIO DAIARY episode 14

 

スイッチ

 

 

 

人は、いつも、選ばされている。本当のことを信じたいか、信じたいことを信じたいかって…そこで、だいたい、人は、本当のことを求めていない。自分に都合のいいことを求めていることが多い。その方が、心に安心を与えたり、刺激を与えたり、面白さや平安をもたらしてくれるから。そして、一度、そういう思考で落ち着くと、そこにハマってしまう。ある意味、ギャンブルみたいなものでしょうね。一度、当たったから、そこに賭けて、またいい気分になろう、みたいな。そんなスイッチが、人間の心にはある。時には、直感も、そんなものだったりする。本当のことより、信じたいことに心が向けられるのは、なんか逃げているように見えるけれど、たまたま、目に見えていることが本当のことじゃなくて、信じたいことの方が本当のことだったりする時もあるから、人生は、ちょっと面白くなる。信じたいことのために、がんばれる人は、コツコツと積み重ねて、いつしか手に出来ることもあるだろう。信じたいことが、単に自分に都合がいい、という理由だけの人は、何もしないまま流される日々になるかも…

 

 

 

(ペンネーム 肥後もっこす「熊本弁で頑固者」)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014.12.05

< 戻る 12345678910 次へ >