美容院/美容室|モリオフロムロンドン|原宿本店/大宮/池袋/成増

PICK UP

MORIO DAIARY episode 23

ばあちゃんの言葉

 

「すすむ、ひとのもんをとったらあかんで、とったらもっとだいぢなもん無くすで」

「すすむ、まぢめにしごとせなあかんで、でもしんどいときはやすむゆうきをもたなあかんで」

「すすむ、欲ぶかくなったらあかんで、ひとはてぶらで生まれててぶらでしぬんやで」

「すすむ、おかあちゃんをたいせつにせなあかんで。」

明治生まれで教育も受けず、読み書きもままならなかったばあちゃん。

九十五歳の最後の言葉でした。

 

(原宿本店店長 松原 進)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.06.05

MORIO DAIARY episode 22

 

ハワイの前向きなことわざ

 

 

 

『NO RAIN NO RAINBOW』雨が降らなければ虹も出ない、辛いことの後には必ずいいことがある…ハワイはレインボーステイトと言われるだけあってよく虹が出るそうです。しかも、車のナンバープレートには虹が描かれているほどハワイでは虹が身近な存在!ハワイの人達がおおらかで明るいのはこのことわざのお陰だとか…例えば…練習を頑張っていてもチェックに受からなかったり、忙しくて気持ちに余裕が無かったり…日本はハワイほど虹がでませんが、雨上がりの空に架かる虹を見て気持ちが高まるのを思い出してみてください。気持ちが晴れてきませんか?今頑張っていることは無駄じゃない!励みになる内容に前向きになる言葉ですね。『NO RAIN NO RAINBOW』私の座右の銘になりました。

 

 

 

(ペンネーム タツノオトシゴ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.05.21

MORIO DAIARY episode 21

“共育”

 

我が家の育児方針は「共育」をテーマに日々奮闘しております。親が子供を育てるのではなく、子供と共に親も育つということです。現在3歳と0歳の2人の娘がおりますが、上の娘には「お姉さんだから~」ではなく、「3歳だから~」という言葉をつかうように心掛けています。お姉さんという逃げ場のないポジションで責任を担わせるのではなく、年長者としてのポジションで責任を担ってほしいという願いからです。3歳なのでどれぐらい伝わっているかは分かりませんが…姉と妹の関係性は同じかもしれませんが、視点や言葉を変えるだけで気持ちの持ち方が少し変わるのではないでしょうか?サロンでも、現状を変えることは難しいことかもしれませんが、視点や言葉を変えてみると、意外と実力を発揮できることもあるかもしれませんね・・・

 

(ペンネーム K+

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.04.15

MORIO DAIARY episode 20

 

私は困った人?

 

 

 

私達は、喜びや悲しみ、怒りなどの感情が生じたときなど、それを抑えたり外に表したりします。抑えたり表したりする事は、それらの原因がはっきりしているからです。しかしなんとなくイライラしている人がいます。お客様との接客には普通に接しているのですが、スタッフとのやりとりになると、言葉遣い、顔の表情が変わります。チームワークを乱すこまった人ですが、本人にはイライラの原因が解らない様です。チームワークを乱すこまった人とは、自分のイライラを誰かにぶつけないとたまらない性格を持っているのかもしれません。ただ、そういう自分から逃れようとしている所もあります。私達は自分の欠点を意識すると、落ち込んでしまう人もいれば、その欠点を人に見せない様に強気な行動に出る人もいます。イライラの原因は、欠点を見せないようにしている自分に疲れているのではないでしょうか。欠点は誰にでもあります。欠点にこだわるより、目的意識をしっかりと持って、目的にこだわることこそ大事です。そうすれば本来の自分が見えてくるはずです。

 

 

 

(ペンネーム ホスピタリティ強化委員長)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.04.07

MORIO DAIARY episode 19

誠心誠意

 

お客様とは7年位のお付き合い。いつも自分の体調、食事などをやさしく母のように心配してくださいました。ある日そのお客様の体調が悪く入院されたと人伝えに聞く。数日後、入院中のはずのお客様がご来店。病院を抜け出していらっしゃったとのこと。「あまり無理しないでください。」との問いかけにもにっこり笑顔。その元気な姿に騙されていました。2ヶ月後、お客様の娘さんが母からの言伝でとの事でお手紙を持参頂きました。「いままでお世話になりました。最後まで美しい私でいられました。ありがとう。これからも体に気をつけて頑張ってね。」全てが理解できました。号泣です。お世話になったのは僕のほうだよ・・・僕はその方にもっと出来た事はなかったのだろうか?お役に立てたのだろうか?そのお客様の為に精一杯してあげられたのだろうか?だからこそ今は後悔しない毎日を・・・全てのお客様に一生懸命に・・・

 

(ペンネーム 黒うさぎ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.03.19

< 戻る 12345678910 次へ >